外見に変化があったときは要注意です。

uwaki09

この復讐事例のまとめ

浮気不倫の状況

  • 元陸上部の夫がランニングを再開
  • 大会にエントリーし始め、飲み会や遠征が多くなり子育ても参加しなくなった
  • ついには県外の大会に泊りで参加すると言い出した

浮気不倫の証拠集め

  • 元陸上部の知人から情報収集し、浮気相手候補を突き止めた
  • 携帯を盗み見て、その浮気相手からのメールを確認
  • 夫を問いただしたが認めず

復讐内容

  • 特に何もせず、夫の存在を心の中では殺してしまう
  • 子供中心の家庭つくりと自分磨きに精を出した

復讐の結果

  • マイホームパパに戻った
金銭的 復讐効果 (体験談からは不明)
精神的 復讐効果 3 いつでも離婚できる、夫は居ないものとして過ごした
社会的 復讐効果 (体験談からは不明)

復讐ポイント

「夫の存在を心の中で抹消する」という決断が必要です。
要らないと思うと、逆に夫が戻ってくる可能性もあります。

この復讐策の再現性が高い人は?

  • いざとなったら自分の収入だけでも生活できる

 

復讐体験談の原文

外見に変化があったときは要注意です。

激務の夫が、なぜかしら急にランニングを始めました。学生時代、彼は陸上部の中距離選手だったので、彼の言う「走りたくなった」という言葉を納得して信じていました。

適切な運動の成果は着実にあらわれ、次第に細マッチョ、顔の輪郭もシャープになってき始めたころ、彼がマラソン大会にエントリーをはじめました。

初めは県内の大会、しばらくすると、新幹線で1時間弱のある特定の県の大会にばかり行くようになりました。
子供が3人おり、家を建てたばかりだったのでお金をかけずに、との約束がウエアを買ったり、遠征や飲み会にも参加するようになりました。同時期に、携帯をロックし、電話をこそこそするようになっていました。

ある日、とうとう宿泊付きで大会に参加すると言い出しました。そのころは、私に関心がないどころか、子供にさえ関心をなくし、あれほどパパ好きの子供たちが「パパ嫌い、怖い」というような状況になっていました。さすがに、鈍い私でも浮気を疑い、裏をとる行動に出ました。

それは、彼の元陸上部仲間にそれとなく聞く、という方法でした。というもの、夫は元陸上部の仲間といつも練習、大会参加しており(私にはそう言っていたので)数人とは顔見知りとなっていました。
すると、彼らから、元マネージャーだった女性の存在を知りました。聞けば、その女性は転勤でそのころ、ある特定の県に移動になったが、週末の練習には新幹線でやってきて練習に参加しているとのでした。そして、彼らは学生時代お互い淡い恋心を抱いていたとのことでした。

 

我慢できなくなった私は、こっそり彼の携帯を盗み見、その女性と頻繁に連絡をとり、今度の大会の際、宿泊先による訪ねてよいかとのメールを発見しました。
夫には問いただしたのですが、しらばっくれるばかりで、埒があきませんでした。私の姉に間に入ってもらったのですが、事態は悪くなるばかりでした。

結局、彼はその大会には参加せず、以降、ランニングをやめてしまいました。

 

幸いにも、私は看護師の資格を持っているため、離婚には躊躇ありませんでしたが、子供の事を考え、離婚はいつでもできると気持ちを切り替えました。

 

罰や制裁は、実際彼に直接したわけではなく、自分の心のなかで、彼の存在を殺し子供中心の家庭つくりと自分磨きに精を出しました。それまで自分の事は後回しにしてきたのですが、ジムに入会し、おしゃれをし、自分の時間を確保するように努め、お金を貯めるようにし始めました。

 

おもしろいもので、私が周りの人たちに褒められるようになると、彼は家族に向き合うようになり、浮気(未遂?)騒動から2年たった現在は、彼は丸々と太り、マイホームパパとなりました。彼の性格上、こちらが強気にでれば、反発し、冷酷な態度をとるだろうとわかっていたので、彼をほったらかしにしました。それが彼には効果的で、おそらく危機感を持ったのでしょう。
結局、男性は追われるよりも追うほうが性に合っているんだなと思いました。

 

あの出来事については触れていませんが、家族関係は修復できました。しかし、私の気持ちは、確実に減ってしまいました・・・。